« 最近のしろ | トップページ | 韓国コスメ »

「つかこうへい70年代展」

 早稲田大学構内にある坪内逍遥博士記念演劇博物館。
 建物自体が演劇資料になっている。
 エリザベス朝時代、16世紀イギリスの劇場
「フォーチュン座」を模して今井兼次らに
より設計された。
Photo
この中で「つかこうへい70年代展」を見学した。


Photo_3

 つかさんは一昨年亡くなった。

つか こうへい(本名:金峰雄〔キム・ボンウン、〕、、国籍:大韓民国、男性、1973年、岸田國士戯曲賞を、当時最年少の25歳で受賞 (戯曲『熱海殺人事件』)
1987年11月、ソウルで韓国人役者による『熱海殺人事件』を上演し大成功を収める
 紀伊国屋ホールでこの「熱海殺人事件」を見たことがある。

 警視庁のお騒がせ、くわえ煙草の伝兵衛こと二階堂部長刑事が担当する殺人事件は世間を騒がせるような一流でないと気が済まない。単純な動機の殺人事件を立派な?事件に仕立てようとする。
つか独特のブラックユーモアの世界。
Photo_4
 つかさんの演出は観客の反応をみながらセリフを変えていく初日と楽日では演出が異なるのでつかファンは必ず初日と楽日のチケットを買った。

 70年代日本人の多くが「きっと明日はよくなるさ」と信じていた時代。彗星のように現れた演劇界のスーパースターだった。企画展では ビデオでつかさんの演劇も紹介されてなつかしく鑑賞した。

 「つかこうへい」とひらがなのペンネームにしたのは、漢字の苦手な「おかあさん」のためらしい。心やさしいひとだった。


|

« 最近のしろ | トップページ | 韓国コスメ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510983/54329040

この記事へのトラックバック一覧です: 「つかこうへい70年代展」:

« 最近のしろ | トップページ | 韓国コスメ »