ソウル

韓国の対日感情

 ブログにソウル旅行の体験をレポートしたら、富山在住で蕎麦打ちの達人にしておわら盆の踊りの名手、長年の友人のボンからコメントが寄せられた「韓国は対日感情が悪いとと聞きましたがどうでしたか?」という質問。ここで応えておきたい。ここ数年は毎年ソウルにでかけているが私個人の体験では反日感情を感じるような出来事には出会ったことがない。場所を訪ねたら自分も知らないのでわざわざ他の人に聞いて教えてくれたり、自動販売機の使いかたがわからず途方にくれていたら通りがかりのひとが助けてくれたり、むしろ親切にしてもらった経験の方が多い。とはいえ私の数少ない体験なので全体をつかんでいるとはいえないのであちらの週刊誌に載った一文を紹介しておきたい。

韓国で出版される日本関連の本といえば、日本批判一辺倒の「反日」や日本に対する優越感を感じさせる「克日」色の強いものが多かった。だが、韓国の若者の間では、いまやそうした対日感情は薄まり、「東京ブーム」が起きている。

 タイトルに「東京」がつくガイドブックや紀行本、小説。ソウル市内の大型書店には、そうした書籍が30冊近くも並んでいる。若者の間では、東京はファンションやアートなどの流行の最先端が集まる街というイメージなのだそうだ。

 大型書店「教保文庫」によると、海外旅行ガイドブックの中で欧米を押しのけて最も販売好調なのが「日本」関連のガイドブックなのだという。タイトルに「東京」がつく新刊本も2006年は35冊だったのが07年には45冊、今年は8月現在ですでに34冊が出版されている。

 しかも、一般的なガイドブックだけでなく、個人旅行者や東京を何度も訪れるリピーター向けの詳しいものが目立つ。

 東京のカフェを取り上げた『カフェ東京』や『東京シングル食卓』と題して東京で「ひとり食」を楽しめる店を紹介した本、面白い店や、しゃれたスポットを紹介する『東京の宝物倉庫』と、その内容も多種多様だ。

 韓国人女優のぺ・ドゥナが個人的に30回以上東京を行き来して書いたエッセー集『ドゥナの東京巡り』というのもある。元KBSアナウンサーが東京を旅行して書いた『太陽の旅行者』は韓国内の6大書店の旅行エッセー部門で堂々の1位に輝く売れ行きだ。

 フィレンツェとともに東京が好きという韓国人女性のフリーランサーが書いた『東京散策』は散策コースや店を写真満載で紹介。韓国人旅行作家が書いた『東京裏通りの話』は表紙に「怪しい魅力が息づく」と文言も添えられ、浅草や神田などの裏通りで見聞きした話をおもしろおかしく掲載している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日ソウルツアーの代金

 今回の旅行費用、航空運賃、宿泊費込で31540円、滞在中の食事代、交通費、観光入場料などで24000円、合計55540円也、昨年同時期に来た時は確か80000円程度の費用だったので25000円ほど安い。円高、ウォン安の効果だと思う。

移動は地下鉄が便利、初乗り1000ウォン(80円)でほとんどの所に行ける。ホテルで日本語版のガイドをもらえば地下鉄のマップが載っている。タクシーは一般のタクシーが初乗り2Kメートルで1900ウォン(150円),模範タクシー、黒塗り、が3kmで4500ウォン(360円)、女性同士だけで乗るなら模範タクシーが安全だと思う。バスは800ウォン(64円)使いこなせば便利だがビギナーにはお薦めしない。

韓国今が行き時である。

014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルでカラオケ

 世代間のギャップを実感したいという人は若い人とカラオケに行ってみればいい。若い人が歌うのは「Bolero」「2°C目の彼女」「ノクターン」などなど、、「天城越え」「ひとり酒場で」「思い出酒」とはまったく異なったジャンルであり生きて来た時代の差を思い知ることになるさらに彼らのリズム感の良さ、伸びやかな声を聴けば自分の衰えをまざまざと実感できる。若い人カラオケにいかない方が良い。ソウル、明洞でカラオケに行った、メンバーは立教セカンドステージ大学の仲間たち、「雨」三好英史、「なごり雪」いるか「異邦人」久保田沙紀「新潟ブルース」美川憲一。説明無用、その歌がヒットした時代の情報を共有している安心感、安定感。同時代を生きた仲間とのカラオケは精神安定剤の効果がある。

Play_307_8s

ソウルでカラオケに行きたい人のために情報を提供する。ソウルでカラオケと言えばほとんどが女性のサービス付き、所謂カラオケパブを意味する。当然料金も一人2万円~4万円である。日本で言うカラオケは「ノレバン」である。明洞では店によって日本の曲を備えているケースが増えつつある。料金は時間当たりのルーム料金、一人いくらではない。我々は一時間30000ウォン(2400円)の部屋を利用した.6人で利用したので一人400円。アルコールは禁止、ノンアルコールの缶ビールあり。ちなみにわれわれがいった店はサボイホテルの近くランジェリーショップが並ぶ通りの「リムジンノレバン」である

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ソウルの夕食、2 鍋

 2/9 明洞のミリオレからコスメストリートを歩いて4番目の角を右手に曲がると海鮮鍋横丁がある。オモニチプが本日の鍋を食べる店である。

Image

Photo_4

先ずは海鮮鍋

025_3

はまぐりも頼んで

024

ここのサービス品の突き出しはキムチ、カクテキのほか蒸し卵が出てくる、さっぱりとした味わい。

Photo_5

ここで必ず頼むのは牡蠣のちぢみ、ひとつひとつの牡蠣を生地でくるんである、一口大で誰にでも喜ばれる。これにビールを飲んでひとり4000円程度。冬のソウルによく似合う海鮮鍋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルの夕食

 2/8ソウルについて最初の夕食、「福清」地元で人気の焼き肉店、明洞の食堂街、「明洞餃子」の店のとおりの一本さらに奥に入る。わかりにくい場所なので「明洞餃子」の近くで聞いていくと良い。最初に頼んだのはチャドル・バギ150g20000ウォン

001_2

牛の横隔膜の部位をうすぎりにして軽くあぶって食べる。私は「焼きしゃぶ」と呼んでいる。ポンズの醤油だれで食べることが多いが「福清」では塩につけて食べる。以前店の人になぜ塩なのかと質問したことがある。「肉に自信あので」という答えが返ってきた。

次は生カルビ250g28000ウォン

002

これにちぢみ15000ウォン、温かいうどん(ソーメン)4000ウォンを頼む、六人なのですべてを六人分頼んだわけではない。

003_3

これにビール、焼酎を飲んで一人3500円、地元の人に人気がある理由がわかる味と価格のバランスである。

ここで今回はいけなかったが「明洞餃子」を紹介しておこう。メニューはシンプルうどんと餃子のみ、うどんは三種類 温かいうどん、つめたいうどん、辛口のうどん。

Photo 

餃子は一種類のみ、一人前を二人で食べた方が良いボリュームである。

Photo_2

うどん、餃子とも7000ウォン(560円).4種類のシンプルなメニューだけで明洞で35年支持を受け続けた麺の名店である。ソウルで一度は食べてみるべき店だと思う。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルの昼食

 2/9 南大門市場内にある食堂どおりのムジン屋で本日の昼食をとる。24間営業のパワフル食堂、日本語メニューあり。南大門市場に来たときは朝昼晩のいづれかをここでとることにしている。

Photo_7

お薦めは石焼ビビンバ5000ウォン,明洞の専門店では9000ウォンから10000ウォンするがこの店では半額の価格、おいしさではひけをとらない。

Photo_8

ヘルシーにして美味である、これにカルグクスと呼ばれる韓国式うどんとギョーザを食べるのが基本である。うどんとギョーザは一人前をふたりでたべると丁度いいほどのボリュームだと思う。両方とも4000ウォン(320円)

完璧とも思えるムジン屋だが欠点もある。女性にはこの店のトイレの使用をお勧めしない。我がツアー同行者の女性Mさんの意見である。食堂通りをでると向かいにファッションビルががある。女性にはこのビル内のトイレの利用をおすすめする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウル、景福宮

 

李氏朝鮮時代の正宮、「景福宮(キョンボックン)」は地下鉄3号線景福宮駅5番出口をでるとすぐ。ソウル市内にある5大王宮の中でも126337坪(416,990㎡)と最も規模が大きい。この景福宮は、1395年(太祖4年)に創建されている。一度は見学する価値はある。入場料は3000ウォン(240円)。

007

010

10:00少し過ぎたころ突然太鼓が鳴りだしたので行ってみると守門将交代儀式だった。1496年にはじまったと言われる交代式を当時の衣装そのままに古式豊かに再現してくれている。

013_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルの朝食

 ホテルリースソウルが今回の宿である。鐘路5街駅の近くホテルの斜め向かいは恵化警察署、隣は風俗専用の床屋、不思議な立地にある。2/9PМ8:30 ホテルのレストランが休業なので食堂を求めて街に出る。鐘路5街広蔵市場は、1905年開設されたソウル最古の市場である。地下鉄一号線東大門駅のとなり鐘路5街の駅を降りて地上にでるとすぐ、取扱商品は、韓服、反物、織物、衣料品から青果・精肉・生鮮に至るまで3000店が出店している。

Image_4 

食堂があつまるゾーンに入っていく。

Photo_6

食堂と言っても屋台街の寄せ集めのようなものである、その中で店舗らしきものを構えている店に入る。店の人がしきりにすすめるのがあずき粥とカボチャ粥各3500ウォン円換算で280円ぐらいか。小豆粥は甘くない、かぼちゃ粥は甘い味どちらも素朴な味わいがする。

004_2 005_2 店の店頭に並んでいるちぢみを注文する。こちらは一口大でジャガイモ、ミンチされた肉とジャガイモをすりつぶしたもの、ニンジン、野菜などが盛り合わせになって320円。

006_2

キムチとカクテキはサービスでついてくるのはソウルの定番である、この近くにホテルをとったら朝食をここでとることをおすすめしたい。安くておいしいが実感できる。

空港の往き帰りを同行してくれたガイドさんが鐘路5街は再開発が遅れたエリアで、その分昔ながらの人情があふれる地域ですよと教えてくれた。

そういえば景福宮に行くため鐘路5街駅で車内に乗り込んだとたん三人が私に席を譲るために立ちあがってくれた。日本ではあまり見かけなくなった情景だ。敬老精神の厚い韓国の現れだろうがこの地域の特徴かも知れないと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月  ソウル  その3

ソウル最大の繁華街明洞のメトロホテルの裏手にある焼き肉専門店が本日の宴会場である。メインは黒田さんの好きなチャトルベギ、牛のあばら肉をしゃぶしゃぶのように薄くスライスして鉄板であぶって食べる。たれは醤油ベースでレモン、マスタードが入ったさっぱり味、我々はこれを焼きしゃぶと呼んでいる。

Photo

「今日のスポンサーは誰になったの?」日本に留学経験のある店のママが我々の席に座って話かけて来る。毎回の価格合戦の後の宴会はここと決めているのでママも我々の遊びを知っている。

「俺だよ、ママあんまり高い肉は出すなよ」と森下さんがいいながらママに戦利品のロレックスをプレゼントする。これも恒例のスタイルだ。

「何いってんの金持ちはけちけちしないの」笑いながらママが言い返している。

「イヤー五年間で初めて勝てたよかったよー」黒田さんはゆったりした表情でうまそうにビールを飲んでいる。

「一万二千円なら私と同じだからそれで打ち切ってもよかったのに、君が成長しないから買いたくないなんてセリフよく出てきたね」

「うん、どうしても一番になりたくてね、なにせ連戦連敗だったからなあ」

「黒田さん最後に勝ててよかったね」ビールを注ぎながら森下さんが言う

「なに?なんのこと」話が見えない私が質問する。

「十月にインドに赴任することになったんだ、新設の工場の立ち上げでね。

いちから始めるから当分はこのツアーにも参加できなくなるかもしれない」

「そう 大変だね それじゃあ今日は送別会もかねて盛大にやろうよ」

宴会はママも参加して深夜近く終了した。

先に寝たいという黒田さんと別れて森下さんとホテルのバーで飲む。

「インドかあ、遠いよね」と私

「黒ちゃんはエンジニアでいろんな部門を渡り歩いたから外国で工場をたちあげる時は便利な人材なんだろうね」

「ところで海外赴任の話 俺は知らなかったよ」

「おれもソウルに来る飛行機の中で聞いたんだ。あんた飛行機が飛んだらすぐ寝ちゃったから」

「そうだったね、うーんそうすると森下さんは今回はじめから黒ちゃんに勝たせるつもりだったんだね」

「どうしてそう思ったの」

「今回に限ってコンペの順番を森下さんが決めたよね、俺が一番手、森下さんはそれを見て俺より高い値段で買う、これで二位は決まり、でもどうやって黒ちゃんが一番安い値段で買えたんだろう?」

森下さんは答えない。黙ってウィスキーのグラスをかき混ぜている。

「そうか、最後の店は森下さんが入ろうといったから決まったんだ。最初からあの店で黒ちゃんが買うことが決められていたんだ。午前中一人であの店にいって店長と話をつけてあったんだ。なんて言ったの?」

「後で友達が買いに来る、先に手付を払うといったのさ」

「いくら払ったの?」

「一万円、あんたを騙して悪かったね」

「いや、騙されてこんなに気分がいいのは久しぶりだよ」

ソウル、明洞、深夜二時 今夜は気持ちよく眠れそうだ。

                            終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月  ソウル  その2

通りの角の衣料品店からコンペの開始となる。一番手は私、八万円で提示された価格をねばりにねばって一万二千円まで負けさせる。森下さんは一万三千円で終了する。最後は連敗中の黒田さんの番だ。衣料品の専門店が集合して出店しているビルに入り通路の中ほどの紳士用品店で足を止める。八坪の広さの店で四方の壁にはハンガーに掛けられたトレーナー、ポロシャツが天井からぶら下がっている。ドンキホーテのようなジャングル陳列。高級感は感じられない。店内の真ん中に小さく低い木製の机、その周りに四つ丸椅子が置かれている。店長がひとりその椅子に座っている。

Photo_2

「ロレックスが見たいんだけど」一番先に店に入った黒田さんが声をかける。

「ありますよ、ちょっと待ってて」店長は我々三人を残し店の外に出て行った。

「やっぱり 店に置いているとまずいのかね」と黒田さん。森下さんが「そうじゃない、最近はうるさいからね」と返す。

五分ほどで店長がアタッシュケースを持って帰ってきた。

ロレックスを十五個ぐらい机に並べて店長が説明する。「この右側の七個が七万五千円、左側の八個が六万円、全部新品ですよ」

 交渉当事者が誰かをはっきりさせるために森下さんと私が椅子を後ろに下げて腰掛ける。黒田さんと店長が机をはさんで向き合うことになる。

時計の一つを取り上げて「これどこで作っているの?中国」

「うちの商品は全部韓国の工場で作っているよ。品質は保証付きだよ」

「でもこの時計の裏側に小さくチャイナと彫ってあるけどこれは何?」 

「お客さん目がいいんだね。でも中国製でも最近はしっかりしてるよ、韓国製と変わらないよ」

「でもメイドインチャイナは最近評判が悪いよ」

「わかった。お客さんが目がいいから負ける。二万円、二万円ならいいでしょ」

黒田さん商品を手に取ってしきりに頭を振りながら迷っている様子。しばらくして「他の店にいってみようか」と私たち二人を振り返って立ち上がる。

店長があわてて黒田さんを押しとどめる。「待って待って、予算いくら?

社長私にも利益少し下さい。一万二千円 利益ほとんどない。他の店いっても

こんなに安く買えない。うちで買って下さい」

 「おれもここで買ってあげたいけどね、それでは君のためにならない」

「私のためなら ここで買っていってください」

「おれが今ここで買ってしまえば君は努力しないで利益をあげることになる。

もっとコストを下げる工夫をしなければ競争相手に勝てなくなるよ。残念だけど今日は買わないで帰る」

店長はうつむいたまま顔をあげない。三十秒程沈黙。

店長がとつぜん顔をあげて黒田さんの目を見る「わかりました、じゃあ一万円でいいです。私の最大の値下げこの値段で売るのは初めてですよ」

黒田さん顔をシワクチャにして「それじゃあ買っていくよ」大勝利である。

黒田さん初めてトップの座を確保した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧