食べる楽しみ

揚げせん東西

 関西で「歌舞伎揚げ」というとほとんどの人が首をかしげる。実物を見せると「なんやぼんち揚げやんか」という。

Photo_2

「ぼんち揚げ」の関西地域でのシェア は90%で関東では3%しかないらしい。

Photo_3

 それでは食べ比べてみるしかない。

歌舞伎揚げ

Photo_4

ぼんち揚げ

Photo_5

 大きさは歌舞伎揚げの方が少し大きい。味は歌舞伎揚げが濃い味付けで、ぼんち揚げはすっきり薄味だ。歌舞伎揚げは「こいくち醬油」で味付けしており、ぼんち揚げはヒガシマル醬油のうすくち醬油を使っている。それが味の差になっているらしい。

 それではラーメンは東西にどんな違いがあるのか? 食べに行こうかとカミさんに言ったら 「暇だからと言って食べることばかり考えないでサッサと勉強でもしなさい」と怒られてしまった。マーケティングの重要性が通じない人らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国方便面事情

 方便面はインスタントラーメンのこと。香港では日清の出前一丁をよく見かける、食堂のメニューにも出前一丁があることが多い。香港の出前一丁は袋ものだけで25種類ある

Demae09

Demae03_2

 中国は世界のインスタントラーメンの消費量の40%を占める。この世界最大の即席ラーメン市場のトップブランドは残念ながら日本製の麺ではない。台湾の「康師傳」という麺だ。

 「康師傳」を作っているのは台湾の「頂新」という会社。もともと台湾の中小企業だったが中国進出に成功し、大企業になった。

Photo

これが中国で最も売れているインスタントラーメン。スープが濃く、ピリッとした辛みが特徴。中国ではスープが濃厚で辛みのある麺が人気があるようだ。

 お勧めはこれ 韓国風の辛みの強い麺。折りたたみ式のフォークがめずらしい。

B0088361_2214137

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味干らーめんの実力

 

 立教大学の図書館に近い出口を出るとラーメン屋がある。「味干らーめん」 とんこつ味の熊本ラーメンだ

 Photo_4

このラーメン東京ではあまり知られていないが、上海では人気ナンバーワンのラーメンチェーン店だ。

上海市内に98店舗、中国全土では417店舗を誇る。

成功の秘訣は二つある。ラーメンと言えばコシのあるラーメンだがここのラーメンは上海ではコシのない柔らかい麺だ。現地の人に会わせているのだ。

二つ目はこの店のメニューを見ればわかる。

  味千拉面

  猪扒盖浇饭

  鰻魚

  牛肉咖喱乌

  特色的朱古力新地

日本語に直すと

 

味干らーめん  260円

 

かつ丼

 

鰻丼

 

牛肉カレーうどん

 

チョコレートサンデー

中国進出成功の秘訣は日本での成功体験に固執しなかった点にある。

日本のラーメン屋さんたちがこだわる 麺のコシを現地に合わせてあっさりと放棄する。ラーメン屋はラーメンとギョーザだけという日本流を捨て、求められれば、「日本食屋」に変身する。現地目線のマーケティングの勝利と言えよう。日本料理専門の店は高級店が多く価格が高い。手軽な価格で日本料理を食べてみたいというニーズに応えたのが当った。

 上海のこの店ではラーメンとパフェを同時に注文する若い女性をよく見かける。そのうち日本でも流行るかも知れない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根はおいしい、はつ花

 箱根湯本で行列のできる自然薯そばの店、「はつ花」に行ってみた。昼時だったので満員、店の人が歩いて2分の新館を紹介してくれた。

Photo

貞女そば 950円

Dscf2134

せいろそば 1100円

Dscf2135

 以前長野で「これはうまい!」と感じた自然薯そばに出合った。こしのあるそば、つけ汁と自然薯のバランスのよさ、ひさしぶりに文句なしというそばにあった。

貞女そば、せいろそばとも そば、自然薯に卵のつけ汁、刻みネギと材料はおなじものである。何故100円の値段の違いがあるのか? 仲間の誰もが解けない謎だった。

 千石原でローストビーフで人気の相原精肉店、ひとだかりでいっぱいの店に、埼玉から来たというお客さんもいた。ローストビーフは高いのと安いのがあるが、高いほうが断然うまいと友人がいう。実にわかりやすい説明だ。カミさんはダイエット中、3日後に胃カメラを飲む予定の私は涙をのんで買うのをあきらめた。

 相原屋の近くにあるのが松月堂菓子舗

Photo

上がゆでたてまんじゅうと下が公時まんじゅう、1個130円

Photo_2

 友人が箱根に来たら必ず買ってかえるという、薄皮にあんこがぎっしりのあんこ物の王者の味だ。

 大涌谷

Dscf2126

黒卵 5個 500円

050917212807thumb

 一個食べると7年長生きするという。3個食べて「これで21才寿命が伸びた」とわが友が喜んでいる。旅に出ても旅館で朝晩血圧を測る95kgの彼、長生きへの努力のありかたがどこか違う気もしたが、黙っていることにした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新宿思いで横町、岐阜屋

 毎年この時期恒例の人間ドッグが終わった。病院は新宿歌舞伎町の裏手にある。靖国通りから青梅街道に向かう。今はヤマダ電機になったビルを通りJRの大ガードを越えると思いで横町だ。50件ほどの飲食店がひしめいて。焼き鳥、食堂、ラーメンなんでもありなのだ。始まりは1946年からというから元祖横町と言っていいのではないか? ラーメン・餃子屋兼居酒屋の岐阜屋に入る。学生時代からの御用達の店だ

Dscf2092

 ラーメン・350円、餃子・380円、ビール500円、庶民の味方の店だ。客席は55席ほどだ。イギリスの友人を連れて来たことがある。まずオープンキッチンであることに驚いている。なるほどロンドンの中華料理店で客の目の前で調理する店はまずみかけない。

 Photo

 その時はタンメンを頼んだのだが、炒め鍋に野採、豚肉をいれ、塩、味の素などの調味料を中華お玉で分量を量ることなく無造作にすくいあげて炒め、麺の入ったどんぶりに放り込むさまを、イギリス人の彼曰く「ファンタスティック!」 別の機会に彼は奥さんを連れてきて大変喜ばれたらしい。そういえば最近はこの横町に外人観光客が増えている感じだ。「横町文化」日本が輸出産業の一つとして考えてもいいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大森駅前ラーメン

 大森駅を山王側に降りると、まず「喜多方ラーメン坂内」があり「日高屋」へと続いている。その隣は最近できた「豪快屋」がある。

Photo

すこし戻って階段を下りたところに、にんにくの効いた「タンメン」が自慢の「長崎屋」がある。この店はこの地で30年以上営業を続けている。

Photo_2

池上通りを蒲田方面に向かうと最初のラーメン屋が九州からの上京組「一風堂」最近の出店だ。

Dscf1995

とんこつスープ味。850円

Photo_3

その先にあるのは正油味の店

Dscf1997

この店のむかい側がつけ麺屋さん。この場所、何故か店が頻繁に入れ替わる。場所が悪いのだろうか?

Photo_4 

以上が西口から徒歩1分以内で行けるラーメン屋さん、東口にまわると

大勝軒系のつけ麺屋さんが開店準備のための工事中

Photo_5

大森銀座をすこし入って右に曲がると

Dscf1999

つけ麺 ゆず風味 780円

Photo_6

その隣は

Dscf2001

 東口はつけ麺激戦区になりそうな勢いだ。このほかにも徒歩1分以内にラーメン屋が4:軒ある。徒歩1分以内に14軒のラーメン・つけ麺屋さんがある。いくらなんでも多すぎると思って歩いていると3年ほど前に出店したラーメン屋さんが2軒ほど店を閉めていた。ラーメン激戦区は出るのも閉めるのもスピーディだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン今昔

 池袋で博多ラーメンを食べる。以前博多に行って長浜ラーメンを食べた時、店に入って仲間と何を注文しようか迷ってと話していたら、ラーメンが突然テーブルに運ばれてきた。

 壁に貼りだされたメニューを見て納得、ラーメンの単品しかないのだ。替え玉をはじめて経験したのもこの店だ。豚骨味、すこし麺が硬いと思うのは私だけなのだろうか?

博多ラーメン・天神 500円

Photo

 札幌で初めて味噌ラーメンをたべた時は雪が降っていた。、ラーメンにバターを浮かべて食べる初体験をした。

味の時計台、バターコーンラーメン 900円。寒い時はぴったりのホットな味だ。

20100602151534_1

 しかしらーめんに1000円ちかく払うのはやや抵抗がある。小学生のころはじめてラーメンを食べたころは80円ぐらいだった記憶がある。そばやで食べた中華そば、鶏がらとカツオぷしでとったスープ、なるとしなちくを乗せただけの醬油らーめん。ちかごろは食べられなくなってしまった。あのらーめんをもう一度たべてみたい。年のせいかギトギト系のラーメンが苦手になってきた。

恵比寿 香月 700円 背あぶらの味が評判の有名店

Photo_3

みかけが昔のラーメンに一番ちかいのが日高ラーメンだろうか? しかしここの麺はなにかちがうのだ。なるとがのってないのも問題だ。

日高らーめん 飯田橋店 醬油味 390円

Dscf1988

 スープ味と麺の感じが昔のラーメンに一番近いのが坂内喜多方ラーメン。580円

Photo_2

 ちかごろはここのラーメンを食べることが多くなった。欠点はなるとがないこと、しょうゆ味がすこしきついこと。チャーシュウが最近すこし小さくなったように感じること。気のせいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛くて旨いなら

 辛くてうまい麺なら、池袋芸術劇場付近から立教大学を目指す通りに蒙古タンメン、中本がある。蒙古タンメン 770円はみそタンメンの上にマーボ豆腐が乗っている。からいけれどしばらくすると又食べたくなる不思議なタンメンだ。Menu01

 坦々麺が食べたくなったら 池袋東武14階にある四川飯店、上品であまり辛くない、ラー油を足すと程よい辛さになる。945円

320x320_100113

四川飯店でマーボ豆腐を食べる手もあるが、マーボ豆腐の本格派を味わうなら横浜中華街の景徳鎮。山椒のしびれる辛さは絶品。ここのマーボ豆腐を一度食べたら、他で食べる気がしなくなる。1890円

K029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港美食探訪「頼んではいけないメニュー」

 宿泊したホテルは香港の大通り、ネーザンロードの佐敦(ジョーダン)駅近くにある「イートンホテル」下町に位置している。

137

ホテルのレストランで朝食をとるのが定番だがそれでは面白くない。

133

 ホテルの向かいのレストランに入ってみる。香港では最大の店舗数を誇る。日本で言えばデニーズの感じだろうか.営業時間はAM7:00~AM2:00

123

 メニューはパンとスープのセットが一般的。コーヒーをつけて450円前後である。例えばパンにスクランブルエッグで325円。水がついてくるがこれは生ぬるい。どこでも生ぬるい水やお茶がでてくる。

068

これに麺がついてくる。

069

 インスタントの麺に牛肉が乗っている。メニューをみるとこの手の店では「加2ドル出前一丁」の文字がある。頼んだメニューにプラス2ドルで出前一丁が食べられるらしい。日本語メニューはない。このあたりを頼めば安全パイなのだが。

 Sさんはせっかくだからと早朝のランチメニューのAランチをオーダーした。トーストに目玉焼きそれにスープがついてくる。スープは火腿通粉」ハム入りのマカロニスープ、当然出てくるまではわれわれにはわからなかった。

Photo

 Sさんスープを一口飲んで「うーん」とうなったまま手を出さない.すこし涙ぐんでいる。うれし泣きではなさそうだ。隣に座った仲間が「どれどれ」と一口スープを飲むと「マズイ」といってすぐ水を飲んでいる。反対の隣に座ったHさんも一口「まずまずなんじゃないの」と感想を述べる。Sさんおおいに喜んで「全部あげるから飲んでよ」とスープ皿をHさんに渡そうとする。「いやSさんがたのんだのだから悪いよ」と受け取ろうとしない。Hさんも社交的発言だったようだ。それを見ていたYさん「残したら問題だ。日中関係に影響するから全部飲むべきだ」と勝手なことをいっている。

香港のレストランでメニューに「火腿通粉」を見かけたらたのんではいけない。この旅行の間中Sさんを「マカロニ君」と呼ぶことが全員の総意で決定した瞬間である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台、魚がおいしい

 仙台駅近くのエクセル東急ホテルに一泊、ホテルの人に魚のおいしい居酒屋さんを訪ねると、教えてくれたのがこの店。

T059100w

地元のチェーン店らしい。

T059100ps1

安くてうまい店だ。仙台にいったらお薦めの店。接客もレベルが高い。

かなり飲んで食べて、ホテルに向かう。Mさんコンビニに寄りたいという。おにぎりを買いたいそうだ。車で仙台にくる車中でもおかき、チョコレート、みかんをのべつまくなしで食べていたのに。この食欲には脱帽である。しかも体重は45か46kg程度、体脂肪は一桁台と聞くと体操の選手並み、宇宙人のような人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)